カラダアルファ 夜更かし 成長ホルモン

夜更かしすると子供の身長が伸び悩む!

小さな頃から夜更かしする癖がついている子供の場合、他の子に比べて身長が伸び悩む理由があるんです。なぜ身長が伸び悩むのか3つのポイントに絞って紹介します。

カラダアルファの口コミを徹底検証!身長が伸びるサプリメント? > 夜更かしすると子供の身長が伸び悩む!

睡眠不足&質の低下で成長ホルモンの分泌が抑制される

成長ホルモンが最も分泌されるのが睡眠時です。しかも22時~2時の4時間の間にノンレム睡眠の状態にあることが大切です。ノンレム睡眠は入眠後30分以上経過してから始まるので、早めに布団に入る必要があります。

しかも入眠直後の2回のノンレム睡眠が成長ホルモンの分泌に大きく関わっています。特に重要なのが最初のノンレム睡眠、そして2回目のノンレム睡眠でも成長ホルモンは分泌されますので、そこも効率よく分泌させる必要があるんです。

そう考えると、22時~2時の間に3時間は必要になりますので9時には布団に入っている必要があります。

また夜食を食べたり、寝る前に何か食べないと寝れないような子供の場合には成長ホルモンの分泌量が低下するんです。成長ホルモンが効率よく分泌されるためには血糖値が下がっている必要がありますが、食べ物を食べると血糖値が上昇します。 

そのため睡眠時間の2時間前までには食事を済ませておく必要があるんです。塾や部活などで忙しくて時間のない子供の場合には、できるだけ消化に良いもの、胃腸に負担のかからない食事にするなど工夫をしてください。

体が早熟してしまい、成長期が早く終る!

睡眠不足が続くとメラトニンの分泌量が減少します。メラトニンとは睡眠に必要な入眠ホルモンで、脳内の松果体という器官から分泌されます。メラトニンには気持ちを落ち着かせたり、血圧を低下させたりする効果があります。

また体内時計とも密接に関わっており、メラトニンの血中濃度は昼間は低く、夕方から夜にかけて徐々に上昇してきます。夜になってしっかりとメラトニンが分泌されることで人は自然に寝ることができるんです。 

更にメラトニンには、性成熟を抑える効果がありますので、メラトニンがしっかり分泌されている子供の場合には、早熟傾向が弱まるという特徴があり成長期が長くなるという効果がありますが、メラトニンの分泌量が減少すればその分だけ早熟傾向が強まり成長期がみじかくなります。

>肥満リスクが高まることで身長の伸びを妨げる!

ここ数年、子供の肥満化が進んでいます。実際に肥満児の割合が1割程度にも達しているという調査報告があるほど、子供の肥満が進んでいます。

夜更かしするとお腹が空くので、スナック菓子や手軽なインスタント食品やカップラーメンなどの高脂肪食を食べるだけではなく、その影響で成長ホルモンがしっかり分泌されなくなり、成長ホルモンの持つ脂肪燃焼効果を得ることができなくなります。

その結果どんどん肥満化が進んでいくんです。肥満傾向がある子供も早熟傾向が強く出ることがわかっていますので、成長期が短くなることにつながり十分に身長を伸ばすことができないんです。

特にここ10年以上日本人の平均身長が伸び悩んでる理由に2005年ころから急激に増えている肥満児の割合が大きな影響を及ぼしているように思われます。何れにしても夜更かしすることのメリットはありません。

寝る子は育つ、まだ体が成長期の段階では少しでもしっかりと寝ることを意識して、睡眠時間の確保と睡眠の質を高めるように意識しておきましょう。


>>カラダアルファの公式サイトを今すぐにチェックする

カラダアルファの口コミを徹底検証!更新情報

カラダアルファ 口コミ


カラダアルファ 効果


カラダアルファ 身長


カラダアルファ 身長データ