カラダアルファ 遺伝 影響

遺伝が身長に与える影響は限定的!

子供の身長は親からの遺伝で決まるというのは過去の話しです。実は後天的な要素の方が子供の身長に与える影響が大きいことがわかっています。

遺伝が身長に与える影響は限定的!

両親の身長が小さければ子供の身長も当然のように小さい。そう思っている人が多いかもしれませんが、実は違うんです。身長に与える遺伝的要素は25%以下とその他の要因に比べると限定的です。

では子供の身長に重要な影響を与えるのは何か?それが、「睡眠」・「運動」・「食事」・「ストレス」という4つの要素なんです。この4つの要素が残りの75%なんです。つまりあなたが小さくとも子供は大きくなる可能性が十分にあるということ。

背を伸ばすための「睡眠」とは?

これは睡眠の質と睡眠時間の確保です。日本人の子供は先進国の中でも最も短眠であることがわかっています。数年前に3歳児に行った調査では対象国で最も短眠。1番多かったニュージーランドよりも100分も短いんです。

毎日の100分の積み重ねが蓄積することで、成長ホルモンの分泌にも大きな影響を与えるだけではなく、子供の早熟化が進み成長期を早めることにも繋がります。その結果、身長が伸びる期間が短くなる。

これでは自ら高身長になることを回避しているようなものです。そんな事をして、身長の伸び悩みに苦しむよりもサクッと寝てしまう方が簡単な解決策です。

背を伸ばすための「運動」とは?

これは激しい運動や筋トレが必要ということではありません。小さな子供であれば外遊びをするだけでOKです。毎日公園で30分~1時間も遊んでいれば十分でしょう。昔の小学生は暗くなるまで外で遊んでいたものです。

しかし今の小学生は外遊びの機会も場所も減ったこともあり、家でスマホやタブレット、ゲームなんかをして過ごす時間の方が多くなっています。体を動かせば微量ですが成長ホルモンが分泌されることがわかっています。

それに運動をすることで肥満を予防すれば、成長ホルモンの分泌を阻害しません。肥満児の場合、成長ホルモンの分泌が阻害されたり、早熟傾向が強かったり、身長が伸びない理由が沢山ありますので、30分の散歩でも良いので定期的に体を動かすようにしましょう。

背を伸ばすための「食事」とは?

様々な食材を食べることで、同じ栄養素でも種類の違うものを体内に補給することが大切です。たんぱく質でもお肉などの動物性のものと、大豆などの植物性のものを両方摂取することが必要です。

昔は一汁三菜という和食のスタイルがありましたが、最近の朝食は洋食化していたり、子供でも朝ごはんを食べずに学校に行く子もいます。それでは確実に栄養不足になります。

成長期の子供には、日々の生活で壊れた筋肉や細胞を回復させるための栄養素と骨や筋肉を作る栄養素の2つの栄養素が必要なんです。でも明らかに現在の子供たちは栄養不足です。毎食そういったしっかりとした食事を作るのが大変な人が栄養バランスの取れたカラダアルファのようなサプリメントを活用するのがお勧めです。

背を伸ばすための「ストレス」とは?

ストレス過多の状態が続くとホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れると、成長ホルモンがしっかり分泌されない状態になってしまいます。それでは子供の体が成長することができません。

でもストレスは親が気づかないところで沢山あるんです。親が何かを強制するだけでも子供にとってはストレスですし、幼稚園、小学校に行くのも最初はストレスが多いもの。そこでも友達関係でストレスを悪化させたりすることもありますので、どんなことでも相談できる環境を作ってあげることが大事です。

この様に後天的な「睡眠」・「運動」・「食事」・「ストレス」という4つの要素をバランス良くしてあげることで子供の身長はグングンのびていきます。特に親しかできないことが食事面のサポートです。

しっかりと成長に必要な栄養素を補完してあげるためにも、カラダアルファをうまく活用して家事とのバランスをとっていくのが賢いと思いますよ!


>>カラダアルファの公式サイトを今すぐにチェックする

カラダアルファの口コミを徹底検証!更新情報

カラダアルファ 口コミ


カラダアルファ 効果


カラダアルファ 身長


カラダアルファ 身長データ