背を伸ばす為に煮干しや小魚を活用する!

煮干しや小魚には、豊富なカルシウムが含まれています。実はカルシウムの含有量は牛乳の20倍以上と非常に豊富に含まれています。若干カルシウムの吸収率は牛乳よりもお取りますが、含有量の多さで煮干しや小魚の方が効果的に摂取できるんです。

 

しかもカルシウムの吸収率を高めてくれるビタミンDやビタミンB群も豊富に含まれていますし、カルシウムだけではなく、たんぱく質や亜鉛、マグネシウムなども豊富に含まれているので、子供の背を伸ばすための食材としても子供のおやつにピッタリな非常に優秀な食材んです。

煮干しに含まれるDHAやEPAが健康効果を高める!

煮干しの原材料に使われるのが主にカタクチイワシです。カタクチイワシと言えば、青魚ですよね?青魚特有のDHAやEPAを高濃度で含まれているんです。だから血液サラサラ効果もあり、成長に必要な栄養素を全身にしっかり届けてくれる効果も期待できます。

 

更に脳の神経伝達物質の動きを活性化する作用もあるので、賢くなったり、集中力が増したりする効果も期待できるんです。他にも豊富に含まれる鉄分の効果で貧血予防や将来的な骨粗しょう症の予防効果なんかも期待できるわけです。

 

煮干しはそのまま食べることもできますし、だしに使うことで魚を食べられない子供でも口にすることができますので、上手く活用して行きましょう。

煮干しや小魚のカルシウムを効果的に吸収する食材とは?

煮干しや小魚を食べるなら、より効果的にカルシウムを吸収したいですよね?そんな時に役立つカルシウムの吸収率を高める食材は、クエン酸とビタミンCです。煮干しとクエン酸とビタミンCを一緒に取ることで約7倍も吸収率が変わりますよ!

 

クエン酸を含む食材といえば、レモンなどの柑橘類や梅干し、桃やパイナップルなどです。ビタミンCをを含む食材といえば、アセロラやブロッコリー、キウイやいちごなどです。これらを上手く組み合わせたおかずにすることで、子供の身長を更に効率的に伸ばすことに繋がりますので、効率を高めて摂取していきましょう。

 


>>カラダアルファの公式サイトを今すぐにチェックする