カラダアルファ 口コミ 低体温

低体温症の子供は背が伸びない。低体温を改善して子供の背を伸ばそう

低体温症の子供には背が伸びにくい理由があったんです。子供の低体温を改善することが背を伸ばすことや健康管理に重要な影響を与えますので、しっかり改善するようにしましょう。

カラダアルファの口コミを徹底検証!身長が伸びるサプリメント? > 低体温症の子供は背が伸びない。低体温を改善して子供の背を伸ばそう

低体温を改善すれば子供の背は効率よく伸びる!

子供の体温が通常の範囲に収まっているのか?それとも低体温症の傾向があるのかを知っていますか。幼稚園や保育園に通っている子供であれば、普段から体温を測る癖がありますが、小学校に入るとそういった機会も減少しますよね。

でも低体温症の子供の場合には、体や心、脳の成長にも影響が出ることがわかっています。そして低体温症の子供は睡眠の質も低下しがちです。

つまり低体温症の影響で睡眠の質が低下し、その結果成長ホルモンが十分に分泌されないことで、背が伸びにくい状態に陥っていることがあるんです。

ちなみに子供の平熱は36.5℃~37℃前後で夏は高めになり、冬は低めになります。1日を通して子供の体温は一定ではなく、朝は低く昼は少し高めになる傾向があるので0.5℃ほど違うのは普通のことですが、もしお子さんが35℃台の体温だと低体温症を疑った方が良いでしょう。

低体温症の子供の状態とは?

低体温症の子供は、1日を通して35℃台とか、夕方になっても36℃台前半のままの子供も含みます。中には34℃台という子供もいますので、そこまで低下している場合には本格的に治療が必要になります。

お子さんが低体温かどうかは、1日を通して体温がどのくらい変化するのか、何日間か測定することで把握してみてください。

低体温の子供の特徴は、朝起きれなかったり、早起きできなかったり、起きたとしても午前中はやる気が出なかったりします。意外かもしれませんが物静かだったり、逆に落ち着きのない子供だったり、すぐに起こってキレる子供などもいます。

低体温症の子供は体温が上がらないことで、酵素の働きが落ちて、消化が悪化して免疫力が下がり、疲れやすいといった症状が現れたり、風邪を引きやすくなったり、精神的に不安定になったりと良いことは一切ありません。

子供が低体温症になる原因とは?

最近増えている子供の低体温症ですが、なぜ低体温の子供が増えているのでしょうか?子供が低体温になる5つの原因を紹介します。

  • 運動不足
  • 夜型の生活
  • 冷暖房環境が良くなったこと
  • 食習慣
  • 過度なストレス

この5つの原因って、ほぼ子供の背が伸びにくい原因と一緒だと思いませんか?低体温症を招く生活習慣は、そのまま子供の背の高さにも影響を与えている可能性が高いんです。そこに成長ホルモンの分泌不足が起これば、確実に子供の背が伸びなくなりますよね。

子供の低体温を改善するために出来る方法とは?

子供の低体温を改善することはできますが、これはすぐに効果がでて低体温症が改善されることには繋がりません。基本的には体質改善のようなものですので、少し中長期的な視点で取り組むことが必要です。 

子供の低体温症を改善する5つの方法とは、

  • 生活リズムを整える
  • 体を動かして代謝をあげる
  • 体操やストレッチをする
  • 朝食をしっかりと食べる
  • 全体的な食生活の見直しをする

子供の生活としてはどれも普通のことです。でも最近の日本人の子供は大人の生活リズムで普段の生活を送っている子が多いために様々な問題が起こっているんです。子供の低体温症のか以前は、単に背を伸ばすことだけではなく、健康を保つことにも繋がりますし、その後の一生にも大きな影響を与えます。

小さければ小さいうちに改善する方が簡単ですし、非常に効果的です。将来的に体の不調に悩むよりも低体温症を改善して健康で元気な生活を遅れるようにしてあげましょう。


>>カラダアルファの公式サイトを今すぐにチェックする

カラダアルファの口コミを徹底検証!更新情報

カラダアルファ 口コミ


カラダアルファ 効果


カラダアルファ 身長


カラダアルファ 身長データ