アスリートにとって身長が高いということは才能の1つでメリットになる!

殆どのスポーツにとって言えることですが、身長が高くて困ることはないと思いませんか?アスリートの才能の1つが身長の高さなんです。

 

もちろん、身長が高いことで体重が増えてしまい、階級制のスポーツなどでは不利になったり、体操系のスポーツでも不利になるでしょう。でも本当にそういった競技は限られています。実際にはバスケットボールやバレーボールなどは身長が高いだけでレギュラー選手に選ばれる事も多いでしょう。

 

実は背が高いだけで小手先のテクニックや天才的な才能が無くてもある程度活躍できてしまうのが、中学生や高校生のスポーツなんです。仮にあなたがオリンピックやプロを目指すのであれば、間違いなく身長が高くて困ることはありません。

アスリートで身長が伸びない理由は意外なところにあった!

普通にアスリートとして運動を真剣に行っていれば、運動不足もありませんし、運動後の食欲も旺盛で食事量が足りないということもないでしょう。更に疲れて夜は熟睡する子供がほとんどだと思いますので、寝不足というのも考えにくいんです。

 

でも身長が思ったほど伸びない!なぜなんだ??

 

と思うかもしれません。それはあなたの体の鍛え方や使い方に大きな問題があるんです。実は小学生や中学生でハードな筋トレを行なったり、上級生に混ざってトレーニングや試合に出ることでストレスまみれになってしまい、身長が伸びないということがあるんです。

 

特にストレスは、成長ホルモンの分泌を抑制してしまう作用があるので、ストレスを溜めすぎる環境にい続けることは、身長が伸びないことだけではなく、成長期の子供にとっては心身のバランスが乱れる原因にもなるので、非常に気をつけなければならないことなんです。

 

過度な筋トレによって、硬い筋肉が付いてしまうことも子供の身長が伸びるのを阻害します。身長が伸びることは骨が伸びることです。しかし筋肉か硬く凝り固まっていると、骨が伸びようとした時に邪魔をしてしまい上手く伸びないだけではなく骨の形成に悪影響を及ぼすこともあるんです。

 

しかし小学生や中学生でもトップクラスの選手たちは、激しいトレーニングや筋トレを通じて筋肉量が増えてしまう傾向があるんです。短期的には、それで成績も良くなり大会で優勝できたりすることもあるでしょう。

 

でも長期的な目線で考えると、小学生や中学生の頃に体を作りすぎてしまうことで、高校生以降の身長の伸びが期待できなくなります。実際には筋肉量を増やすよりも、身長が高いほうがよりパワーのあるプレーができるんです。

 

でも子供は自分の夢や目標に向かって一生懸命に前に進んでいきますよね!そうなって後で後悔しても後悔しきれない状態になってしまうんです。だからそのあたりは保護者が上手く調整をしてあげなといけないんです。

アスリートが身長を伸ばすために意識すること!

体を休めること、激しい筋トレをやりすぎて体を小さなうちに作りすぎないことが重要なんです。過度なトレーニングをして筋肉質になると太もも周りに大量の筋肉が付き、どんどん太くなってきます。

 

もしお子さんの太ももが周りの子よりも太く、硬い筋肉をしているようであればそれは間違った体の使い方や筋トレをしているということです。マッサージをしたり、ストレッチをしたり、たまには筋トレも練習も休ませて筋肉のハリをなくすようにしましょう。

 

子供の体は負荷がかかりすぎると様々な部分に歪みが生じて、将来的にその競技を続けられなくなる可能性すらあるんです。そういった意味でも中長期的な視点で考えることが大事です。

 

実はアスリートで身長が高くなる人に共通した体型があるんです。それがひょろっとした体型です。こういった体型をしている子供の場合には、高校生以降の身長の大幅な伸びが期待でき、その後の選手生命も長くなる傾向があるんです。

 

だからこそ子供の体づくりは少しでも身長が伸びるような形で考えてあげることが大切です。その為にも柔らかい筋肉を作ること、成長に必要な栄養素をしっかり補給してあげることなどできる部分でサポートをしてあげましょう!

 


>>カラダアルファの公式サイトを今すぐにチェックする