牛乳よりもチーズの方が身長を伸ばす効果が高い!

牛乳とチーズのどちらが子供の身長を効率的に伸ばす効果があるのかと言えば、間違いなくチーズになります。牛乳もチーズも同じ乳製品ですが、牛乳のまま口にするよりもチーズに加工したほうが、子供の成長にとって必要な栄養素を豊富に摂取することができるんです。

 

実際にどのようにチーズを作成するか知っていますか?実は牛乳を10分の1ほどに煮詰めたものがチーズの原料になるんです。それだけ牛乳の持っている栄養素を凝縮しているので少量のチーズでも牛乳よりも非常に多くの栄養素を摂取することができるんです。

 

しかも牛乳の場合、乳糖不耐症と呼ばれる症状で牛乳を飲むとお腹が下ってしまう子供もいますが、チーズには乳糖が含まれていないので、チーズだと乳糖不耐症の子供でも安心して食べることができるというメリットがあるんです。

 

特にナチュラルチーズには「白い肉」という別名があるほどに良質なたんぱく質を豊富に含んでいますので、身長を伸ばしたい子供は積極的にチーズを食べるべきなんです。

チーズと牛乳で摂取できる栄養素の違いとは?

では実際にどの程度チーズと牛乳で摂取できる栄養素の違いがあるのか?下記表を見てもらった方が答えは早いと思います。

 

 

同じ100gで換算しているためにチーズのカロリーが高くなっている傾向がありますが、含有している栄養素を見るとたんぱく質やカルシウム(除くクリームチーズ、カッテージチーズ)が非常に豊富であることがわかると思います。

 

クリームチーズやカッテージチーズは熟成されていないことでカルシウムの含有量などが少ないという特徴がありますので、骨の強化という意味ではあまりおすすめできないチーズになります。

 

またチーズのカロリーや脂質の高さが気になるという人もいると思いますが、チーズの脂質は非常に細かい球状をしていることで燃焼効率が良くダイエット向きだったり、ビタミンB2 が豊富に含まれることで脂肪燃焼効果が期待できるということもあるので、数値だけで判断しなくとも良いでしょう。

チーズは野菜と合わせて食べることで完全栄養食になる!

様々な栄養素を豊富に含んでいるチーズですが、唯一不足している栄養素がビタミンCとビタミンDです。これらの栄養素を豊富に含んでいる野菜とともにチーズを食べることで子供の体づくりにピッタリの栄養源になります。

 

野菜とチーズを使ったサンドイッチやクリームチーズとドライフルーツの組み合わせも良いですし、サラダのドレッシングをチーズ入りのものにするのもおすすめです。寒い時期には温野菜とチーズのグラタンも良いですし、シチューなんかも良いでしょう。

 

子供の好きな食べ物を食べつつも身長を伸ばすために必要な栄養素をしっかり摂取できるチーズを上手く組み合わせてしっかり栄養補給を行うようにしましょう。
でも牛乳もチーズも嫌い。そんな子供もいますよね?そんな時には、子供の成長に必要な栄養素をバランスよく含有した成長期専用サプリメントであるカラダアルファをうまく活用することも一つの方法です。