10才の男子(小学校4年生)の平均身長のデータと月単位の推移状況は?

データをチェックするとわかりますが、10歳から11歳までの1年間で平均身長が5.3cm伸びます。

 

-2SDの子供でも身長が3.9cmは伸びますので、もしその数値よりも身長の伸びが悪い場合には、病院で検査を行うことも検討しましょう。

10歳

平均身長

-2SD

0ヶ月

136.4cm

124.6cm

1ヶ月

136.8cm

124.8cm

2ヶ月

137.3cm

125.3cm

3ヶ月

137.7cm

125.7cm

4ヶ月

138.2cm

126.0cm

5ヶ月

138.6cm

126.4cm

6ヶ月

139.1cm

126.9cm

7ヶ月

139.6cm

127.2cm

8ヶ月

140.1cm

127.5cm

9ヶ月

140.7cm

127.9cm

10ヶ月

141.2cm

128.2cm

11ヶ月

141.7cm

128.5cm

10才の女子(小学校4年生)の平均身長のデータと月単位の推移状況は?

データをチェックするとわかりますが、10歳から11歳までの1年間で平均身長が6.2cm伸びます。

 

-2SDの子供でも身長が5.8cmは伸びますので、もしその数値よりも身長の伸びが悪い場合には、病院で検査を行うことも検討しましょう。

10歳

平均身長

-2SD

0ヶ月

136.9cm

123.9cm

1ヶ月

137.5cm

124.5cm

2ヶ月

138.0cm

124.8cm

3ヶ月

138.6cm

125.4cm

4ヶ月

139.2cm

125.8cm

5ヶ月

139.7cm

126.3cm

6ヶ月

140.3cm

126.7cm

7ヶ月

140.9cm

127.3cm

8ヶ月

141.4cm

127.8cm

9ヶ月

142.0cm

128.4cm

10ヶ月

142.6cm

129.0cm

11ヶ月

143.1cm

129.7cm

10才の小学4年生の子供が身長を伸ばすために必要なことは?

子供の身長を効率的に伸ばすためには、睡眠・運動・食事・ストレスの少ない環境が非常に大切です。

 

特に幼少期からの睡眠習慣が子供の早熟を予防し、成長期を遅らせる効果がありますので、あなたが考えている以上に、子供はしっかり寝かせるようにしましょう。

 

日本人は大人も子供も慢性的な睡眠不足、周りの子供よりも1〜2時間は多く寝かせることで、ようやく成長に必要な睡眠時間が確保できると考えることが必要。

 

さらに普段の食事で栄養面のサポートを行ってあげることが基本。

 

人間は生まれてから成長期が終わるまでの、栄養状態で身長の高さも健康状態も大きく変わります。

 

特に身長を伸ばしたり、健康で丈夫な子供にしたい場合には、タンパク質を中心に、様々な栄養素をバランスよく摂取させましょう。

 

特にここ数年は、食材に含まれる栄養素が激減していることもあり、しっかり食べさせているつもりでも、成長に必要な栄養素が不足して、身長が止まってしまう子供も。

 

そういった状況に拍車をかけているのが、インスタント食品やレトルト食品、ジャンクフードやスナック菓子。

 

濃い味付けのこれらの食品が好きな子供は、慢性的な栄養不足になっている可能性が高いと理解してください。

 

これらの食品には、脂肪分とカロリーしか含まれておらず、肥満の原因や成長に必要な栄養不足になるリスクが高まります。

 

お子さんを少しでも大きく成長させたい場合には、成長に必要な栄養素を身長サプリメントで補うことも必要。

 

子供を少しでも大きく成長させたい場合には、普段の食事+身長サプリメントという組み合わせで、食事で補えない分の栄養素を身長サプリメントで補うようにしましょう。

 

特にこの成長期の前段階で、どこまで身長を伸ばせるのかが、将来の最終身長に大きな影響を与えますので、栄養面のサポートはしっかり行うようにしてください。

 

また10歳頃から、女の子の場合には、成長期に突入し身長が急に伸び始めたり、早い子供では初潮や生理が始まる子供も出てきます。

 

この時期に初潮が始まるということは、早熟傾向がある子供ですので、身長の伸びが早めに止まってしまうことも。

 

そのリスクを回避するためにも、身長サプリメントで効果的な栄養補給を行い、少しでも大きく成長できるようにしてあげましょう。

10才の子供におすすめの身長サプリメントは?

実際に子供に身長サプリメントを飲ませようと思っても、どの商品が良いのか?

 

どういった基準で選べばよいのかがわからない人も多いと思います。

 

最近の身長サプリメントを分類すると、

 

  • 牛乳に混ぜて飲む、カルシウム・鉄分・ビタミンDを栄養機能表示したもの
  • 成長ホルモンの分泌促進効果のあるアルギニンなどの成分を含有したもの
  • 成長ホルモンを含有し、直接摂取できるようにしたもの

 

これらに分けることができますが、実はこの3種類の身長サプリメントは、子供の身長を伸ばす効果がないことがわかっています。

 

それが2013年に、日本小児内分泌学会が行った公式見解。

 

これらの種類の身長を伸ばす効果があると言われているサプリメントには、子供の身長を伸ばす効果がないと明確に発表しています。

 

だから、そんな身長サプリメントを飲ませても子供の身長を伸ばすことができません。

 

子供の成長に必要なのは、タンパク質を中心に様々な栄養成分をバランスよく摂取できること。

 

これが実際に現在販売されている身長サプリメントで摂取できる、最も多い成分を一覧表にしたもの。

 

 

この表を見ると、多くの身長サプリメントが、炭水化物ばかりを高濃度で配合していることがわかります。

 

実際にタンパク質を中心に摂取できるのは、カラダアルファとDELTA BALANCEだけ。

 

しかしDELTA BALANCEのタンパク質は合成成分なので、身体への吸収率や実際に体内でどのように作用するのかがわからない特徴があるんです。

 

それと比較すると、カラダアルファのタンパク質は、天然成分のスピルリナを中心にしたもので、スピルリナの吸収率はWHOも認める95%以上。

 

これなら体内への吸収率もその後の作用も期待できると思いませんか?

 

実際に息子は、カラダアルファを飲んで1年間で12cmも身長が伸びたので、その効果の高さは私の家族で実証済。

 

カラダアルファは錠剤タイプなので、どこでも必要なタイミングで栄養補給できますし、錠剤の粒が一回り小さいので、小さな子供でものどに詰まるリスクが少ない。

 

そういった部分まで、しっかり配慮されている身長サプリメントですので、私は本気で身長を伸ばしたい人には、カラダアルファをおすすめします。